好きな時に好きなものを好きなだけ。
自由気ままにのらりくらり。大好きなお友達を撮っています


撮らせて頂いた優しい友人たちに最大級のキスを!
a fatal dose of high oxygen concentration

新開隼人*OKK








莫迦みたいだと思うかもしれないが、自転車を下りては生きていけない人種というのが確かに存在する。
王者と言われる強豪校でレギュラーを勝ち取ろうとする者など、大概がそうだ。




だからあの日、寮の部屋でいつにも増して硬く、痛々しい表情でフクが「新開がロードを下りるつもりでいた」と聞いた時は、ゾッとした。

ならんよ隼人。
理解っているのか。

最速を渇望するスプリンターがロードを下りてどうやって生きていくのだ。
止まる空気の濃度など、お前たちには毒だろう。
窒息してしまうではないか。

隼人。
理解っていないだろう。
それは緩やかな自殺だ。


友の死を簡単に受け入れられる程、俺たちは薄情ではないよ。
独りでは踏み込めないというなら、俺たちの思いを推進力の足しに。
お前の「鬼」が息を吹き返すその時を、俺たちは莫迦みたいに信じておるのだ。




だから。
隼人。
回せ。





 
14:13 / STORY /
0
    / comments(0) / trackbacks(0)
    ぼくの うちゅう人 かんさつ日記 2日目



    ○月×日(はれ)


    うちゅう人のおんなの子は、きょうもおんなじうちゅうせんにいた。



     
    続きを読む >>
    07:40 / STORY /
    0
      / comments(0) / trackbacks(0)
      ぼくの うちゅう人 かんさつ日記 1日目



      ○月×日(はれ)



      ぼくの町にうちゅうせんがふじちゃくした。





       
      続きを読む >>
      20:00 / STORY /
      0
        / comments(0) / trackbacks(0)
        残響

        model*ゆず。









         
        続きを読む >>
        23:53 / STORY /
        0
          / comments(0) / trackbacks(0)
          たった、それだけのこと。

          彼女*りの
          続きを読む >>
          03:05 / STORY /
          0
            / comments(0) / trackbacks(0)
            拝啓、あの日の黒子テツヤ様

            黒子テツヤ*しい





            君は信じないかもしれませんが、想い描くより未来はとても穏やかです。

            だから今君が
            誰にも秘密で泣いた事も
            言葉に成らず溢れる衝動も
            どうか今抱く思いを全部全部大切にして下さい。



            どうか。



             
            01:20 / STORY /
            0
              / comments(0) / trackbacks(0)
              Cistusalbidus.

















               
              続きを読む >>
              01:22 / STORY /
              0
                / comments(0) / trackbacks(0)
                魔法使いと鷹の眼少年


                高尾和成*OKK    緑間真太郎*瑠璃子





                 

                続きを読む >>
                01:00 / STORY /
                0
                  / comments(0) / trackbacks(0)
                  好きだよ。

                  高尾和成*ぬこあずま

                   
                  00:32 / STORY /
                  0
                    / comments(0) / trackbacks(0)
                    Lost summer
                     


                    どこかで蝉の鳴く声が聞こえる。



                    続きを読む >>
                    14:55 / STORY /
                    0
                      / comments(0) / trackbacks(0)
                      1/2PAGES >>